大沢米/天日干はさ掛米《南魚沼産コシヒカリ》

伝説の米・幻の米
かつて市場に出たことのない【極上米】

大沢米は南魚沼市大沢地区で生産された伝説の極上米。大沢川流域は古くは徳川幕府への献上米、明治時代は天皇の家御用達の極上米として市場に出回ることのなかった伝説のお米。地元でも「大沢米」として珍重され入手困難で高額で取引されています。

天日干しはさ掛け米はそんな貴重な大沢米を美味しい空気の山間で逆さに吊るし茎や葉に残る養分滋味を米粒に集め、太陽に当て「昔ながらの方法でゆっくりとじっくりと」天日干しすることにより、もみ殻の中で養分と滋味がゆっくり凝縮し熟成され最高峰の美味しさとなります。村の古老達は昔ながらの方法でじっくりと熟成天日乾燥する「天日干しはさ掛け米」が美味しいと言います。一連の作業は一つ一つ手作業で丁寧に行われ、極上絶品なお米としてお届けいたします。

限定300kg 少量生産の為、売り切れになることがあります。その際はご容赦くださいますようお願い申し上げます。


7 件の結果
 
サイズを選ぶ
 
サイズを選ぶ
 
サイズを選ぶ
 
サイズを選ぶ
 
サイズを選ぶ